FrontPage

パーソナルCNC(フライス盤)についてのメモ。

機種

大体20万円まででリストアップ。

いろんな機種があるが、アルミニウムが削れる程度のものとなると限られる。

mini-CNC BLACKII 1510/1520

ディスコン製品 後継機は KitMill? BT100/200 オリジナルマインド社 http://www.originalmind.co.jp/products/black2

切削加工例 http://www.originalmind.co.jp/products/uploadimg/black2/10.jpg

KitMill? BT100/200

オリジナルマインド社 http://www.originalmind.co.jp/products/kitmill_bt

Sable-2015

ホビー向けmini CNCフライスマシン http://cncmill.web.fc2.com/index.html

MicRo? CNC Robot Kit

http://www.lumenlab.com/d// 「またこれは、木質ボードとネジ棒で作られた、よくある手作りCNCとはワケが違う。非常に頑丈で、耐久性も高い。」 http://jp.makezine.com/blog/2009/04/the_micro_cnc_from_lumenlab.html

FireBall? V90 CNC Router

http://www.probotix.com/FireBall_v90_cnc_router_kit/ 日本で使っている人のレポート http://teamokuzawa.blog57.fc2.com/blog-entry-31.html#more

参考資料

http://penguin.tantin.jp/hard/CNC%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E6%A7%8B%E7%AF%892.html mini-CNC BLACKII 1510/1520

エンドミル

購入先 http://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%AB/-/p.0-s.2-sf.0-st.A-v.2?x=0

ソフトウェア

フリーで揃える場合

  • G-simple と EMC2が調べた限りでは最も使いやすい
  • リアルタイム化Ubuntuの上で、上記ソフトを使用してみた
  • G-simpleはWindowsソフトであるが、Wineを使いLinuxで動作する

EMC2

EMC2でオリジナルマインドTRIO、mini CNC Black IIを使う設定

Trioの設定

Charge PumpをDisableに

  • JP1をOPEN

EMC2の設定

  • 以下はX軸として200mm使えるように、X軸とY軸を入れ替えている設定
  • 「EMC2 Stepconf Wizard」を起動-「進む」-「Create」または「Modify」

Basic machine information

  • Machine Nameを「miniCNCBlackII」
  • Axis configurationを「XYZ」
  • Machine unitsを「Millimeter」
  • Parallel Port Settingsを「0x378」

Parallel Port Setup

  • Pin1:Spindle ON (Invert)
  • Pin2:Y Step
  • Pin3:Y Direction (Invert)
  • Pin4:X Step
  • Pin5:X Direction (Invert)
  • Pin6:Z Step
  • Pin7:Z Direction (Invert)
  • Pin8:Unused
  • Pin9:Unused
  • Pin14:Unused
  • Pin16:Unused
  • Pin17:Unused
  • Pin10:Unused
  • Pin11:Unused
  • Pin12:Unused
  • Pin13:Unused
  • Pin15:Unused

X Axis Configuration

  • Motor steps per revolutionを「200.0」
  • Driver Microsteppingを「16.0」
  • Pulley teeth(Motor:Leadscrew):を「1.0」:「1.0」
  • Leadscrew Pitch:を「2.0」mm/rev
  • Maximum Velocity:を「12.0」mm/s
  • Maximum Acceleration:を「4.0」mm/s2
  • Home location:を「0.0」
  • Table travel:を「-20.0」:「200.0」

X Axis Configuration

  • Motor steps per revolutionを「200.0」
  • Driver Microsteppingを「16.0」
  • Pulley teeth(Motor:Leadscrew):を「1.0」:「1.0」
  • Leadscrew Pitch:を「2.0」mm/rev
  • Maximum Velocity:を「12.0」mm/s
  • Maximum Acceleration:を「4.0」mm/s2
  • Home location:を「0.0」
  • Table travel:を「-20.0」:「100.0」

Y Axis Configuration

  • Motor steps per revolutionを「200.0」
  • Driver Microsteppingを「16.0」
  • Pulley teeth(Motor:Leadscrew):を「1.0」:「1.0」
  • Leadscrew Pitch:を「2.0」mm/rev
  • Maximum Velocity:を「12.0」mm/s
  • Maximum Acceleration:を「4.0」mm/s2
  • Home location:を「0.0」
  • Table travel:を「-50.0」:「50.0」

opencam

LinuxCNC.org

http://linuxcnc.org/

  • ここにEMC2やRT化したUbuntuライブCDなどがある

参考サイト

mini CNC blackの改良

LEDライトの取り付け http://kikuon.com/sb2/sb.cgi?cid=3

Gコードサマリ http://www.nmri.go.jp/eng/khirata/metalwork2/mc/code/index.html

USB接続

USB-パラレル変換の実験

安いUSB-パラレル変換

参考資料

問題解決のために

  • きれいなパルスを出すためにリアルタイム性を保証しないといけない
  • 恐らくUSBからの信号自体リアルタイム性が難しい(推測)
  • USBターゲットにマイコンを載せないといけないだろう
  • USBホストからGcodeを流し、マイコンが解釈してモータをドライブするようにしないといけないだろう(推測)
  • 上記の労力をかけるよりはPCカードタイプのプリンタポートカードを用意する方が簡単だろう
  • ということでこの追求はおしまい

文字切削

truetype-tracerがあるが、ubuntu10.10 RTで試したらエラーになって動作しなかった

truetype-tracer -u -f TakaoExMincho '坂本' > ja.ngc
Fatal error in FT_New_Face: cannot open resource (1) at line:558

公式サイトより、truetype-tracer_4.0-1_i386.deb をダウンロードしてインストールしたら動いた。 大きなサイズになるのでサイズ指定をする。

Also included is the much-requested ability to fill in the letters. This is controlled with the -l flag. The default is to not fill, like previously. 

とあるが、-lオプションはletter heightを指定することになっているようだ。

DXFで作ったものをg-simpleで読み込ませる

輪郭順にクリックしていかなければならないので実用上無理。

Inkscape Gcodetools plug-in

http://cnc-club.ru/forum/viewtopic.php?t=35

操作方法

  • 「エクステンション」-「Gcodetools」-「Orientation Points...」でページの下端にポイント表示が出る
  • gcodetools.pyの以下の箇所を書き換える
                   if self.options.tools_library_type == "cylinder cutter" :
                           tool = {
                                           "name": "Cylindrical cutter",
                                           "id": "Cylindrical cutter 0001",
                                           "diameter":10,
  • 2mmしかもってないので10を2に変更した。

MDI

直接GCODEを入力する x0y0 G01x100.f50. これで(x,y)=(0,0)から(100,0)まで分速50mmで移動する。

切削パラメータ

  • 2mmアクリル、2mmボールエンドミル、1mmペネトレーションステップ、xy移動3mm/sec
  • 1mm純アルミ、2mmスクエアエンドミル、1mmペネトレーションステップ、xyz12mm/min(0.2mm/sec)移動

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-05-04 (土) 20:01:51 (568d)